ゆるりんこ日記
ゆるりんこ主婦の独り語と息子観察記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
息子が生まれるまで・・・ その7
忘れもしない10月10日、いつもと違うお腹の張りと痛み。
「ついに・・ついに来た?」すでに予定日は超過しているので
いつ産まれてもおかしくない状態。
体重は妊娠前+3kg、運動できなかった割にはよく頑張ったと自分では思っていたのに、母子手帳にはカロリー制限のハンコがお行儀よく並んでいた。
痛みはあるものの、間隔が長くなったりして一定しない。
う~ん、待ち遠しい、早く産みたい。そんなことを思っているうちにすでに夜10時。病院へは電話済みで「10分間隔になったら
来てください」と言われていたものの、我慢できない痛みが時々来る、そして猛烈な吐き気。つわりの時期にさえ吐かなかったのに。
以前からのトラブルを考え、夜中12時少し前に病院へ。
診察してもらったところ、子宮口は3cmくらい開いているものの
赤ちゃんは降りてきていないので「まだまだですよ」とのこと。
こんなに痛いのに「まだまだ」って・・・
そして「体力勝負ですからね!」と食事をさせられる、このとき私は水を飲んでも吐いている状態。妊娠中のダイエットが嘘のような
『食べろ攻撃』・・・食べ物で摂取するカロリーより、吐くのに奪われる消費カロリーのほうが多かったはず・・・多分。
間には陣痛をつけるためにと、1階から4階まで階段を往復したり、
お風呂に入ったりを繰り返す。吐きながら・・・
そんなこんなで格闘するも、一向に降りてくる気配無し。心の中ではいかりや長介が再び「ダメだこりゃ」
お腹の中で暴れ回るばかりの息子。なんだか苦しんでる様にも感じられた。
そして10月12日の夕方、先生から言われたのは「このまま普通分娩にした場合、母子共に健康な確立は80%、帝王切開だと95%、どうしますか?」「切って下さい」もちろん即答です。
「どうします?」って・・・ここまできて、万が一のことがあったら悔やんでも悔やみきれない。
腹の傷より息子の命!
同意書にサインをし、心電図を測ったり手術の準備がすすめられる。「もうすぐだよ・・・」暴れるお腹に手をあててみた。
半身麻酔をかけられると、嘘のように痛みがひいた。
着々と手術は進んでいるようだったが、もちろん様子はわからない。
「産まれました」看護婦さんの言葉が小さく聞こえたが、赤ん坊の泣き声は聞こえない。少し間があって「ホギャ、ホギャ」と大きな泣き声がしてホッとする。「羊水飲んじゃってたから、すぐに泣けなかっただけですよ」そう聞いてやっと安心した。
息子は臍の緒が二重に首に巻き付いていたため、降りてこられなかったそうで、もし普通出産に拘っていたら、本当に万が一のことが起きていたかもしれない・・・後からそう聞いた時には、本当にゾッとした

トラブルだらけの妊娠出産を経て、生まれた息子も早7歳!
憧れの場所は【アキバ!】という立派なアニオタに成長しています。

スポンサーサイト
【2006/01/22 15:20】 | 息子 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ライブドア | ホーム | 息子が生まれるまで・・・ その6>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yururinko.blog42.fc2.com/tb.php/9-727b8634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

rainbee

Author:rainbee
毎日ゆるりんこと生活している主婦、かろうじて30代…家事は手を抜き足も抜き、好きな言葉は『一攫千金』『果報は寝て待て』旦那と息子+犬、泣いて笑って喧嘩しながら暮らしてます

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

検索エンジン登録代行

このブログをリンクに追加する FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。