ゆるりんこ日記
ゆるりんこ主婦の独り語と息子観察記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
一言日記
シェアブログ403に投稿


息子は字を書くのが嫌いです。
本人曰く『苦手』だそうですが苦手とか得意とか言うほどやってない。
どうやら面倒くさいことが嫌いなだけって感じ。

そんな息子の毎日の宿題は『一言日記』
いくら嫌いでも宿題となればやらないわけにはいかない。
土曜・日曜・祝日なんかは「○○へ行きました」とか書くネタもあるけれど
平日はほとんど書くことがない。
嫌々やっている上に、書くことも見つからず息子の日記は日に日に短くなっていく


 『今日パパがケロロのまねをしました。おもしろかったです。』

 『今日おすしを食べに行きました。回っていました。』

 『今日はふつうの一日でした。』・・・・・・・・・・


突っ込みたい気持ちをぐっと押さえ、取り合えず『宿題をやった』ことだけ確認。

そして昨日の息子の日記
『今日休み時間に●●くんとチェスをしました。たのしかっただす。』


たのしかっただす・・・・・だす・・・・・

お前はいなかっぺ大将か!

「ちょっとさ、これ読み直してみ?」
「え~~~・・・・・だす!・・・だす!」
お腹を押えて笑い転げる息子、あのさぁ、これ書いたの自分でしょ?
ひとしきり笑った後、ノートをかばんにしまう息子。
「ねぇ、その『だす』は直さないの?」
「いいの、いいの」
「いやそれは直したほうが良いんじゃないの?」
「だって『だす』だよ、先生も絶対面白いって言ってくれるよ」

・・・・・捨て身で笑いをとる息子の、今日の日記が楽しみです。



この記事に点数をつける
【2006/04/20 14:38】 | 息子 | トラックバック(0) | コメント(3)
息子と陶芸
シェアブログ403に投稿


今週息子は学校で陶芸をしました。
工作ものが大好きな息子は、数日前からものすごく楽しみにしてました。

で、帰りの車の中で「陶芸どうだった?」と尋ねると「すごい面白かった」
「へ~よかったね」「うん、またやりたいな」「ところで何作ったの?」

「スライム!」


へ?なんですと?
「え~っと・・・スライム?」

「うん、スライム」


「お友達は?やっぱりスライム?」

「ううん、皿とか茶碗」・・・そりゃそうだよな

「で、どうして作ろうと思ったの?スライム」


「みんなと同じはつまんないから」


どんなものが焼きあがってくるのかとっても楽しみです。


そして、お友達が皿や茶碗を作る中「スライム」を作ることを認めて下さった先生に感謝!



この記事に点数をつける
【2006/02/04 13:37】 | 息子 | トラックバック(0) | コメント(1)
息子は待っている
いつものように息子を迎えに学校へ行くとなんだか様子が違う
ニヤニヤしてる・・・
鼻の穴がふくらんでいる・・・


嬉しい時、興奮している時、彼の鼻の穴はふくらむ

それでも自分から話してくるまで、知らん顔をしている私。
ホントはメッチャききたい!何があったか知りたい!でもきかない(笑)

すると案の定「あのさー、今日さー」ニヤニヤしながら話を始める息子
「AちゃんとBちゃんが、バレンタインデーにチョコくれるって
ほぅほぅ・・・
「作ってくれるんだって、二人とも」
なんと!手作りですか!
「すっっごい大きいのがいいなぁ~、食べきれないくらいのやつ」
・・・・・・・そっちかよ、息子。
「これで二つでしょ、あと誰がくれるかなぁ?」
・・・・・・・ずうずうしいぞ、息子。

まだ見ぬバレンタインのチョコレートに、夢と鼻の穴を膨らませる彼は
ホワイトーデーの存在を知らない・・・・・


【2006/02/03 23:05】 | 息子 | トラックバック(0) | コメント(0)
息子が生まれるまで・・・ その7
忘れもしない10月10日、いつもと違うお腹の張りと痛み。
「ついに・・ついに来た?」すでに予定日は超過しているので
いつ産まれてもおかしくない状態。
体重は妊娠前+3kg、運動できなかった割にはよく頑張ったと自分では思っていたのに、母子手帳にはカロリー制限のハンコがお行儀よく並んでいた。
痛みはあるものの、間隔が長くなったりして一定しない。
う~ん、待ち遠しい、早く産みたい。そんなことを思っているうちにすでに夜10時。病院へは電話済みで「10分間隔になったら
来てください」と言われていたものの、我慢できない痛みが時々来る、そして猛烈な吐き気。つわりの時期にさえ吐かなかったのに。
以前からのトラブルを考え、夜中12時少し前に病院へ。
診察してもらったところ、子宮口は3cmくらい開いているものの
赤ちゃんは降りてきていないので「まだまだですよ」とのこと。
こんなに痛いのに「まだまだ」って・・・
そして「体力勝負ですからね!」と食事をさせられる、このとき私は水を飲んでも吐いている状態。妊娠中のダイエットが嘘のような
『食べろ攻撃』・・・食べ物で摂取するカロリーより、吐くのに奪われる消費カロリーのほうが多かったはず・・・多分。
間には陣痛をつけるためにと、1階から4階まで階段を往復したり、
お風呂に入ったりを繰り返す。吐きながら・・・
そんなこんなで格闘するも、一向に降りてくる気配無し。心の中ではいかりや長介が再び「ダメだこりゃ」
お腹の中で暴れ回るばかりの息子。なんだか苦しんでる様にも感じられた。
そして10月12日の夕方、先生から言われたのは「このまま普通分娩にした場合、母子共に健康な確立は80%、帝王切開だと95%、どうしますか?」「切って下さい」もちろん即答です。
「どうします?」って・・・ここまできて、万が一のことがあったら悔やんでも悔やみきれない。
腹の傷より息子の命!
同意書にサインをし、心電図を測ったり手術の準備がすすめられる。「もうすぐだよ・・・」暴れるお腹に手をあててみた。
半身麻酔をかけられると、嘘のように痛みがひいた。
着々と手術は進んでいるようだったが、もちろん様子はわからない。
「産まれました」看護婦さんの言葉が小さく聞こえたが、赤ん坊の泣き声は聞こえない。少し間があって「ホギャ、ホギャ」と大きな泣き声がしてホッとする。「羊水飲んじゃってたから、すぐに泣けなかっただけですよ」そう聞いてやっと安心した。
息子は臍の緒が二重に首に巻き付いていたため、降りてこられなかったそうで、もし普通出産に拘っていたら、本当に万が一のことが起きていたかもしれない・・・後からそう聞いた時には、本当にゾッとした

トラブルだらけの妊娠出産を経て、生まれた息子も早7歳!
憧れの場所は【アキバ!】という立派なアニオタに成長しています。

【2006/01/22 15:20】 | 息子 | トラックバック(0) | コメント(0)
息子が生まれるまで・・・ その6
順調に過ごしていたある日の夕食準備中でした。
「痛い!!!」思わず台所でしゃがみこむ私。
「どうした?!」ソファーで新聞を読んでいた旦那が飛び跳ねる。
子の頃お腹の中では良く動いていた息子だったけど、どうも違う。
「今、でんぐり返ったよ、この人」とお腹を指差すと、「そんな
バカな・・・」と脱力する旦那。
でもこの動きは確かにでんぐり返し、もしくは逆上がり・・・
まさしくそんな手ごたえというか、腹ごたえ。
で、検診の結果見事に逆子
「そろそろ向きが安定する頃だし、このまま逆子だったら帝王切開
になりますね」と先生。
『帝王切開』
この恐ろしげな響きにすっかり腰が引ける私。
とにかく無理をしない程度にと念をおされ、逆子体操の指導を受ける。
毎日逆子体操をつづけ、2週間後の検診日・・・治ってない。
何が気に入ったのか逆子のまんまの息子。
「ダメだこりゃ」いかりや長介の顔が頭に浮かんでは消える。
そこで逆子体操をやめ、お灸を指導される。
なんでも逆子を治すツボというのがあり、そこにお灸をするといいという。
「本当ですか?それ」と聞くこともできず、一日2回お灸をすること2週間、見事治りました逆子。恐るべし、東洋の神秘!
●商品名●千年灸オフ 竹生島 70入
●商品名●千年灸オフ 竹生島 70入

そんなこんなで長かった妊婦生活も終わりを告げ、いよいよ
出産をむかえるのです。
・・・つづく・・・
【2006/01/18 08:41】 | 息子 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ
プロフィール

rainbee

Author:rainbee
毎日ゆるりんこと生活している主婦、かろうじて30代…家事は手を抜き足も抜き、好きな言葉は『一攫千金』『果報は寝て待て』旦那と息子+犬、泣いて笑って喧嘩しながら暮らしてます

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

検索エンジン登録代行

このブログをリンクに追加する FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。